毎日味噌の商品案内




miso01_botan.pngkoji02_botan.png


kouji_top.jpg


米 糀 こめこうじ

komekouji_l.jpg

【原材料】米(添加物は一切使用致しておりません)


添加物を一切使用せず、国産米のみにて作り上げた米糀です
米糀は4日ほどの時間を掛け、以下の手順で丹精込めて作られます。

1.洗米・浸漬:米を丁寧に洗浄し水に浸けて一晩寝かす。
2.甑:蒸した米を冷ましてから蒸米に種麹を撒き、麹菌を付着させる。
3.床入:麹室の床船(保温用の設備)にて一晩寝かす。
4.床揉:床船の内部で麹菌が発熱しているのを適温になるまで冷ます。
5.盛り:室蓋と呼ばれる容器を積み重ねて麹の活動を促す。
6.仕舞:麹の発熱を止めてから温度を一定にする。
7.出麹:麹室より出した糀を冷やす。

塩糀、甘酒、しょうゆ、味噌、お酒、酒粕などの原料となるだけでなく、野菜や、魚肉の糀漬けや糀納豆などの料理の調味料としても大活躍します。
※弊社の米麹は一般に売られている乾燥糀ではなく、生糀です。

1kg 1,000円(税込)

◆ 特別還元キャンペーン実施中 ◆

塩糀(250g入り)が通常1,000円を今なら800円!

 糀 しおこうじ

shiokouji_set.jpg

【原材料】米、食塩、酒精(添加物は一切使用致しておりません)


糀は100種類ほどの酵素が含まれ、消化酵素としてアミラーゼ(デンプンを糖に分解し甘みを生み出す)、プロテアーゼ(タンパク質をアミノ酸に分解し旨味を生み出す)などは、食べ物を消化吸収しやす状態にしてくれるため、美味しい上に体にも良い日本古来の調味料です。

食塩に比べて、まろやかな味わいがあり、肉や魚、野菜などに漬けておくと酵素の働きにより食材そのもの旨味が増し、糀の風味が加わった深みのある味わいになります。
肉や魚は酵素がタンパク質を分解しアミノ酸に変わるため肉質が柔らかくなり、旨味が増して凝縮され、野菜はデンプンを分解して作られた糖と野菜の乳酸菌により発酵が起こり、風味が増して保存性が高まります。

250g(瓶入り) 1,000円 → 800円(税込)

sio_off.pngshoyu_on.png

し ょ う ゆ 糀 簡 単 レ シ ピ

(料理名をクリックするとレシピが開閉します)

まぐろの山かけ丼

  • 1. しょうゆ糀(大さじ2)とみりん(小さじ2)をよく混ぜて、食べやすい大きさに切ったまぐろと和えて、15~20分ほど寝かせる。
  • 2. 丼のご飯の上にまぐろと大葉(青じそ)を交互に乗せていく。
  • 3. その上に山芋をおろしたものをかける(好みでオクラの刻んだものを乗せる)。
    • ※1でつくったものをそのまま、まぐろのヅケとしても楽しんで頂けます。

いんげん豆の胡麻和え

  • 1. いんげん豆の筋を取り、塩を少々加えた熱湯で茹でる。
  • 2. 冷水でいんげん豆を冷まして、食べやすい大きさに切る。
  • 3. しょうゆ糀(大さじ3)、ゴマ油(大さじ2)、すりゴマ(大さじ2)、みりん(大さじ1)を混ぜ、いんげん豆と和える。

お吸い物

  • 1.しょうゆ糀(大さじ1)に対して300ccの割合いでお湯を注ぎます。
    • 具材はお好みに応じて、乾燥麸や乾燥わかめ、ネギ、三つ葉などを入れてください。

韓国風野菜炒め

  • 1. しょうゆ糀(大さじ2)とコチュジャン(大さじ1/2)をよく混ぜます。
  • 2. フライパンにゴマ油をひき、豚バラ、タマネギ、キャベツなどお好みの肉や野菜を入れて炒める。
  • 3. 1でつくったものを合わせて軽く炒める。

しょうゆ糀の冷奴

  • 1. 食べる1時間ほど前に豆腐を皿に移し、冷蔵庫で冷やして水気を抜く。
  • 2. 豆腐を食べやすい大きさに切る。
  • 3. 豆腐にしょうゆ糀をかけ、お好みで青ネギやミョウガなどの薬味を乗せる。

鶏ササミのしょうゆ糀和え

  • 1. ササミの筋を取って一口サイズに切り分ける。
  • 2. 熱湯にお酒を少々入れて茹で、中まで火が通ったら火を止めて冷ます。
  • 3.お皿に盛りつけて、しょうゆ糀をかける。

焼きおにぎり

  • 1. しっかりと握ったおにぎりを、ゴマ油を薄く引いたアルミホイルに乗せてオーブントースターで焼く。
  • 2. 両面が焼けたら、しょうゆ糀をたっぷり塗って焼きあげる。
    • ※焼くときは焦げすぎないように注意する。

ブリの照り焼き

  • 1. しょうゆと酒を混ぜてブリの切り身に漬け10分程度置いておき、水気を取る。
  • 2. ブリの切り身を両面ともこんがりとなるまで焼く。
  • 3. しょうゆ糀と酒をよく混ぜてブリにかける。

揚げパン

  • 1. 食パンを食べやすい大きさ(8等分程度)に切る。
  • 2. 多めのサラダ油を熱してパンがこんがりするまでフライパンで揚げる。
  • 3. 揚げたパンの油を切り、しょうゆ糀を薄く塗り、粉末の黒砂糖をまぶす。

各種ドレッシング

  • 和風ゴマドレッシング
    • 【材 料】 しょうゆ糀(大さじ1)、みりん(小さじ1)、菜種油(大さじ2)、ゴマ(大さじ2)、酢(小さじ1)
    • 【作り方】 全てをよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で2週間程度寝かせる。
  • イタリアンドレッシング
    • 【材 料】 しょうゆ糀(大さじ1)、オリーブオイル(大さじ2)、酢(大さじ1)、塩コショウ(少々)
    • 【作り方】 全てをよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で2週間程度寝かせる。
  • ピリ辛ドレッシング
    • 【材 料】 しょうゆ糀(大さじ1)、コチュジャン(大さじ1)、ゴマ油(大さじ2)、酢(小さじ1)、塩(少々)
    • 【作り方】 全てをよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で2週間程度寝かせる。